ネット接続の選び方!インターンネット接続は地元ケーブルテレビ

インターンネット接続は地元ケーブルテレビ

我が家のインターンネット接続は地元ケーブルテレビです。

 

なぜかというと我が家がインターネットに加入した10年前は電話回線も定額ではなく、料金も高いものだったためです。

 

また、有線電話というサービスもあり、一緒に申し込むと工事費などが安くなるということでした。

 

まだ、光や高速回線があまり普及していない時代だったため速さとかではなく料金で選びましたが、アフターサービスもしっかりしたものでした。
何しろ初めてのインターネットだったのでわからないことだらけでしたが、電話やメールでの問い合わせや、メンテナンスもしっかりとしていて安心できます。

 

派手さはないですが、しっかりとしたサービスをしていただいて今も満足しています。

 

J:com光回線

自宅と外での使い分け。あるMacユーザー
現在の私の環境です。

 

自宅:J:com光回線-AirMac
外:iPhoneテザリング

 

Macユーザーなので、基本的にデバイスはAppleです。

 

J:comは自身で決めたわけでなく、集合住宅で指定されているものです。
J:comさんは価格も安く、大きな不満はありません。

 

その前は別のプロバイダを使っていたのですが、大家さんの勧めとスカパーの無料キャンペーンが3ヶ月ついてきたのでそれがトドメで切り替えを決めました。

 

さすがケーブルテレビさんだな、と感じました。
回線の工事に来た方もとても丁寧で暑い中、ひとつひとつ説明をしてくださり、無線アンテナの設定、PCメールの設定まですべてを行ってくださり大変助かりました。

 

また、自宅ではAirMacを使っていますが速度にはかなり満足しています。
Air Macを初めて使ったときは結構感動しました。
その前に使っていた無線アンテナは家電量販店で安いものを買って使っていました。
それに比べるとAirMacは少し高いですが、やはりその分の価値はあると思います。

 

外でモバイルPCやタブレットに接続するときはiPhoneのテザリングを使っています。
SoftBank回線なのですが、やはり怖かったのは7Gバイトの制限。
これはテザリングの通信料が7Gバイトを越えるとiPhoneの通信速度が落とされてしまうというものです。
しかも通信量を自身でモニタリングすることは基本的にはできません(できるのかな?)。
制限が心配だったのですが、iTunesの映画が1本およそ1Gバイト。
これをiPhoneのテザリング経由で7本落とすくらいのデータか、と考えたところ「とてもそこまで通信することはない」と決心をしてテザリングの申し込みをしました。

 

テザリングを使って10ヶ月が経ちますが速度制限されることもなく快適です。
ほとんどのことはiPhoneですんでしまうのですがいざという時にはとても助かっています。

page top