イーモバイルのEMチャージ

イーモバイルのEMチャージ

Pocket Wifiでどこでもインターネット

 

イーモバイルのEMチャージという、プリペイド式であらかじめお金をチャージすると、1日いくら、1週間いくらなどでインターネットを使用できるサービスがあり、旅行するときなどに使っていました。

 

使ってみると、速度も速く、エリアも山の中などは繋がらないところが多いですが、主要な都市でしたら殆ど繋がり、外にいてもインターネットができることが気にいって、イーモバイルを契約して、Pocket Wifiを使用しています。

 

自宅でのネットも、外出でもPocket Wifiを使用すれば、どこでもインターネットができ、スマートフォンも無線LANで接続できるため、家ではパソコンでインターネットを使用して、外出ではスマートフォンでインターネットを使用しています。

 

申し込んだ当時、月額3880円でしたが、この値段で家でも外でもインターネットが使用できるようになったため、大変満足しています。

 

スマホもポケットwifiに接続してインターネット

 

昨年の夏、目当ての新しいアンドロイドスマートフォンが発売されたので、近くの携帯ショップに行ってみた。
このショップは全てのキャリアの商品を扱っているので各社のいろんな端末を比べることができる。
欲しいスマートフォンはドコモXi(LTE)だ。店員さんにこの端末について聞いてみることにした。
彼はスマートフォン本体の価格や値引きのこと、月々の支払額、LTEのことなどを詳しく説明してくれた。LTEについてはまだ始まったばかりだったので3Gよりも早いというぐらいの知識しかなかった。ところが、彼によると今までの3G回線とは違い、定額コースを利用していても、ひと月にある一定量以上のデータを使用してしまうとそれ以上の使用分については別途お金がかかるか、もしくはその後の通信スピードが著しく遅くなるかになるということだった。つまり、使いたい放題ではないと言うのだ。
これは困ったと考え込んでいると、すかさず勧められたのがイーモバイルのポケットwifi GL02Pだ。
スマートフォンのデータ通信料をXiパケホーダイダブルにして、ポケットwifiにスマートフォンをwifi接続して利用する。スマホのでデータ通信料をXiパケホーダイダブルにすれば最低料金は2100円、ポケットwifiはいくらデータを使用しても通信料は定額の3800円。なので定額制のデータ通信料金5985円よりも85円安くて使い放題。しかも1台でPCやタブレットなど同時に5台繋いでインターネットを利用することが出来ると言う。二つの端末を持ち歩かなければならないデメリットがあるがデータ量に制限がないというのが安心だ。この時のポケットwifi本体価格は0円だった。
店員さんによると他社にもポケットwifiはあるがこれが一番通信料が安いとのこと。
結局乗せられてイーモバイルも契約することになったがタブレットなども同時に接続できるのでなかなか便利だ。

 


WiMAXというのはモバイルWiFiルーターの一種であり、部屋にいる時でも外にいる時でもネットが使えて、何と月毎の通信量も上限なしとなっている、大注目のWiFiルーターです。

自宅の他、外出中でもインターネットに接続可能なWiMAXではあるのですが、もし自宅以外で利用することはないとお考えなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも自宅専用ルーターの方を選択した方が賢明です。

昔の規格と比べると、今日のLTEには、接続や伝送をスムーズにするための素晴らしい技術が驚くほど導入されているのです。

LTEと同様に高速モバイル通信が望めるWiMAXという通信規格も高い評価を受けています。ほぼほぼノートパソコン等々で使っているという人が多く、「時間や場所に関係なく高速通信ができる」というのが最大のメリットになっています。

 

page top