イー・モバイルで契約した理由

イー・モバイルで契約した理由

 

LTE端末「GL02P」を使用してみて感じたイー・モバイルの通信環境

 

私はここ数年、イー・モバイルのデータ通信端末を使用しています。
そして現在は「Pocket WiFi LTE(GL02P)」という端末を使用していますので、その使用レビューとそれから感じたイー・モバイルの通信環境について述べたいと思います。

 

「GL02P」というデータ端末は、イー・モバイルで最初にLTE通信サービスに対応した機種の一つです。
当初USB接続での通信ができないWi-Fiルーター専用機として販売されました。
その後ソフトウェアアップデートが行われ、USB接続通信ができるようになりましたが、その代償として、Wi-Fiルーター時のLTE通信サービスが使用出来なくなりました。
ですので、この機種でLTE通信サービスを使用したい場合は、必ずUSB接続する必要があります。
さらにその際にも注意点が、USB接続時にはWi-Fiルーター機能を使うことが出来ません。
ですので、USB接続時は接続しているパソコン一台にしか通信を行うことができません。

 

と、いろいろと制限が多い機種なのですが、それでも他のキャリアのデータ通信端末よりも3000mAhとバッテリーが大きいわりには約123gとコンパクトで、外出時には持ち運びやすいので、データ端末としてはけして悪くない機種だと思います。

 

通信環境においては、私はUSB接続での通信よりもWi-Fiルーター機能の方を頻繁に使用しますが、LTEではなく通常の3G通信でも、それほど遅く感じたことはなく、データ量の大きい動画共有サイト
も、サイトのサーバーが混雑していない限りはスムーズに見ることができます。

 

そして何よりも通信料が定額3880円と他のキャリヤよりも断然安いですから、やはりそこはイー・モバイルのサービスを使うメリットだと思います。

 

私の調べによると、他のイー・モバイルのLTE端末もGL02Pとそれほど変わらない制限があるようですが、それでも単純に最安値でLTE通信端末を使用したければ、イー・モバイルが最適だと思いました。

 

 

私は今はイー・モバイルでインターネットに接続しています。

 

前の家では光で通信していたので安定感があり、不満もそんなになかったのですが一つ大きな問題が新たに出てきたのです。
それが会社の転勤の問題です。
もともと転勤の多い職種になったのもありますが、近年の不景気の影響か半年以内での移動が起こりうる状況になっています。

 

そうなると面倒なのが引越しの諸手続きです。

 

朝から晩まで様々な準備をしないといけないですし、引越し手当てが出るものの少しでも費用は安く抑えたいのが本音です。

 

その安く抑える一つにインターネット回線が上げられました。

 

工事費用や開通に際しての諸費用が何度もかかる光回線などの有線式のインターネットは転勤族には不都合です。

 

かといってソフトバンクなどの携帯キャリアの回線は細くて不安なので携帯キャリアについているネット回線もパス。

 

となると自然に残ってきたのがイー・モバイルなのです。

 

もちろんWiMAXも検討しましたが、回線速度はあちらのほうが速いけれどもつながるエリアの広さではイー・モバイルの安定感はすばらしいです。

 

特に田舎に転勤する可能性がある身としてはそれ以上の安心感はありません。

 

そのため、イー・モバイルを愛用しています。

 


私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に届きそうな額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が他のプロバイダーと比較して高額だとしても、「総計してみるとこちらの方が安い」ということがあるわけです。

モバイルWiFiをいずれの機種にするかを月毎の料金のみで決断してしまいますと、ミスを犯すことが考えられますので、その料金に焦点を当てながら、別途知っておくべき事柄について、徹底的に解説致します。

「WiMAXをリーズナブル料金で心置きなく使用してみたいのだけど、どのプロバイダーと契約すべきか考えがまとまらない」という人向けに、WiMAXのセールス展開をしているプロバイダーを比較したWiMAX特設ページを立ち上げましたので、よければ閲覧してみてください。

page top