どんなインターネットを選べばいいのか。

私のインターネット接続【節約】大作戦!

携帯電話や家のPCでの固定回線、タブレットでのWi-fi運用など、今や生活に欠かせないネット回線。
最近は以前の3G回線の速さをしのぐLTE回線や4G、ADSLから光回線へユーザーの動きはシフトしてきています。

 

携帯電話各社のLTE回線は持ち歩きもできていつでもどこでもインターネットが楽しめる便利なものではありますが、デメリットもあります。
使用制限が7Gまでと、ネット頻度が高いユーザー、重たいネットゲームやYoutubeなどの動画をよくご覧になるユーザーはあっという間に到達してしまう使用量になります。
各社料金も5985円程度になっています。イーモバイルやソフトバンクは条件によっては3880円で使えるものもあります。

 

一方、使用制限がないのがフレッツ光とWiMAXです。
フレッツ光はマンションタイプや戸建てタイプがあり、お値段もプロバイダーごとに若干違います。
4000〜6000円で使えます。今までは光通信というと「高い」というイメージがあったのですが、ここ最近は二年ごとの契約を条件に安く使える割引がスタートしているので敷居も高くないです。

 

そして通信速度も上り下り100Mあり、非常に安定して使えます。
この最近重視されている「上りの速度」が重要です。
最近のネットユーザーはダウンロードだけではなくブログを上げたり自らネットに参加していくスタイルが多いので、アップロードの速さが求められています。
現在上りの速度がそこまで到達しているのは光回線のみです。
なのでこれからも光回線は今までのADSLからの切り替えユーザーが増えるのではないでしょうか。

 

そしてWiMAXですが、こちらは速度は光回線には及ばないものの、使用制限がなく持ち運びもできる、3880円と安価で工事もいらないので非常に便利です。今後WiMAXのスピードが上がればもっとユーザー数が増えていくでしょう。

 

 

 

 

一人暮らしを始め、落ち着き始めた頃、そろそろネットでもつなげようかなと思い始めた。

 

しかし、今はインターネット接続し放題などの賃貸物件もたくさんある中、私の住んだ部屋はそういったハイテク要素がまったく無い部屋だった。

 

その為、何もかもが一からで、そんなにインターネット接続に詳しくない私はとりあえず近くの家電量販店に行き、そのお店の勧めるがままのセットプランに加入した。

 

たぶん、フレッツ光と地元ケーブル会社のプロバイダーで月額5000円ぐらいだったと記憶している。

 

しかし、半年もたたずにあまりにもネットを利用しなくなったので解約する事にした。

 

なぜ利用しなかったかというと、家にいる時間がとても短く。ほぼ寝に帰るという状態だったのだ。

 

そのため、今度はモバイル型のものを探し、イーモバイルの携帯電話より大きい、ノートパソコンよりはかなり小さい当時は最先端だったタブレット型の通信機を契約した。(まだiPhoneもipadも無い時代)

 

金額は月額5000円程度で、機種代は2年利用でタダとかそんなタイプの契約だったと思う。

 

少々重かったが持ち歩けるという事はとてもよかったのだが、残念ながら電波がなかった。

 

しかも外出中メインで滞在する会社近隣がまったくダメで、こちらも契約機嫌を待って解約した。

 

その後はしばらくネット環境が無くてもいい生活を送っていたが、iphoneが登場した頃に再度家でネットを利用する事になり、今度は徹底的に調べた。

 

比較サイトや口コミなどで調べて、毎月一番安いプランを検討した。

 

結果、インターネット接続はフレッツ光(マンションタイプ)・プロバイダーはBBexcite(メールアドレスなし)これが一番安かった。

 

月額はなんと2500円台。

 

何にも知らなかった頃から比べたら、半額近く節約になっている。

 

もちろん、調べるにもインターネット接続の仕組みを理解しないといけないし、自分が利用できる条件をちゃんと把握しなければならないが、月額にしてかなり大きな節約になるので、何かの機会に見直しは料金に大きなメリットをもたらすものだと痛感しましたね!


同種のモバイルルーターでありましても、プロバイダーが違えば月額料金は違うのが通例です。当ホームページでは、評判のいい機種を“料金”順でランキング化していますので、比較していただければと思います。

Y!mobileあるいはDoCoMoだとしたら、3日間で1GBという容量を超えますと、決められた期間速度制限がなされますが、WiMAX(ノーリミットモード)だったら、そんな制限はありません。

WiMAXモバイルルーターは、複数の種類がありますが、一つ一つ備わっている機能が異なっています。このページでは、ルーター個々の機能であったり規格を比較しておりますので、ご参照ください。

page top