回線を光ファイバーに変更して良かった事

回線を光ファイバーに変更して良かった

1995年当時から、地元の印刷会社が提供をしていたプロバイダーを利用していました。

 

回線網は、当初はISDNを利用し、やがてADSL回線に移行しました。

 

特にオンラインゲームをする訳でも無く、たくさんの動画を視聴する事も無かった為に、必要充分だったのです。

 

ところがこの地域ブロバイダが、CATV企業と吸収、合併を行ってしまいました。

 

良い機会だったので、回線網を光回線に変更し、楽天プロバイダに乗り換えてみました。

 

当初は回線速度を調べる為のWebサービスに接続し、「何十メガものスピードが出る」と喜んでいたのですが、この様な事はすぐに飽きるものです。

 

「月々の楽天ポイントが貯まる以外は、大きなメリットは無いな」と感じていました。

 

ところがそうでは無かったのです。

 

まず、ADSLに比較すると、光回線では上り方向の回線速度が比べものになりません。

 

デジタルカメラで撮影した子どもの写真等を、ネットプリントをする為に送る作業が、あっと言う間に済む様になってくれました。
ADSLでは上り方向の回線接続が不安定で、何度もリトライを繰り返していた事に比較すると雲泥の差です。

 

また、インターネットで提供されているラジオ放送が、楽天プロバイダのアクセスポイントの地域のラジオ放送を聞く事ができます。
これはささやかですが、地方住まいの私には、ちょっとうれしい

 

インターネット接続サービスをうまく使えばお得です。

 

インターネット接続サービスをうまく使いこなすことが出来れば
かなりお得なのだと思います。

 

インターネット接続サービス、つまりプロバイダなのですが、
これを定期的に乗り換えるとお得な事もあると思います。

 

例えば〇プロバイダを使っていて、パソコン購入時に△プロバイダに乗り換えれば、
パソコン代が数万円安くなったりと、かなりお得なことがあります。

 

また家の電話とセットにしてインターネット接続サービスも使えば
セットで料金が値引きになるとか、そういうプランも多いです。

 

我が家はメールアドレスの変更などの手続きが大変なので
そういう恩恵にあずかれないことが殆どです。

 

銀行だけでも5行、学校関係や様々なところへのアドレス変更が大変すぎて
お得だと分かっていてもなかなかインターネット接続サービスを替える勇気が
でません。

 

実は今度、ケーブルテレビに入りたいと思っていて、今のプロバイダから別の
プロバイダになりそうなので、10年ぶりくらいにインターネット接続が
替わることになりそうです。

 

今からどこに連絡しなければならないか、もれがないように紙に書きだして
準備をしています。
それぞれのサイトで何度もメールアドレスの変更をするのはすごく憂鬱ですが
頑張ろうと思っています。

 


モバイルWiFi業界において、ワイモバイルのポケットWiFiが価格競争を引き起こしたと言ってもいいでしょう。ワイモバイルが出現しなければ、ここ最近のモバイルWiFiの世界に於いての価格競争はなかったのではないでしょうか?


 

モバイルルーターの売り上げアップのために、キャッシュバックキャンペーンを敢行しているプロバイダーも存在します。キャッシュバック分を差し引いた料金を比較した結果をランキングにしてご披露しております。

 

 

 

page top