WiFiを楽しむならフレッツ光

WiFiを楽しむならフレッツ光

WiFiを楽しむならフレッツ光
我が家は以前KDDIの光ファイバーを契約していました。

 

速度に問題はなかったのですが、たまたま行った某家電量販店で、キャンペーンをしていたのをキッカケにフレッツ光に申し込みをしたのです。

 

ちょうど二階のテレビが壊れてしまって買い換えようとしていたときだったので、テレビを値引きしてもらいました。

 

申し込みをした理由は値引きもそうですが、我が家は元々NTTの固定電話を引いていて、フレッツにする前は光電話にしていなかったので料金もすごく高かったです。

 

NTTのフレッツ光に申し込みをした際に光電話にしたので、トータル的に料金も安くなりました。
また対応して頂いた某通信会社の社員さんの対応もすごくよかったのが決め手となりました。

 

自宅内では無線LANを使い、スマホでもWiFiを楽しんでいます。

 

フレッツ光だと回線速度も安定しているので無線LANで利用しても、速度の遅さは気になりません。

 

スマホで見るyoutubeもWiFiで繋ぐと、3G回線で見るよりも読み込みが早いですし、画質もすごく綺麗です。
よく動画を見る私にはWiFiは重宝しています。

 

 

固定インターネット接続回線をフレッツ光への変更

 

インターネット接続回線を5年以上もeo光を使っていたのですが、フレッツ光への移行を行いました。
値段的にeo光は長期の契約で当初よりは安くはなっていましたが、変更した理由は回線の制約とプロバイダーが自由に選べないということです。
サーバーマシンを占有し重たいプログラムを動作せる場合に普通に専用レンタルサーバーサービスを利用すると月額で1万円以上と初期費用が発生してしまいます。

 

しかもそれが複数必要となる場合が出てしまうと費用は台数に比例してきます。
ゲームプログラムや多数のチャットを設置するような重たいプログラムは共有のレンタルサーバーだと非常に嫌がりますし、転送量の制限もあります。
それなら自分でサーバーを構築した上で自宅に設置をして自分の回線からインターネット側に接続すれば非常に安上がりです。

 

それを可能とする回線はフレッツ光のサービスであり、プロバイダーも固定IPアドレスが8をつけられて格安でできるインターリンクを選びました。
自分で独自ドメインを取得しておけば、ホスト名も自前の物に変更が可能でありインターネット全体から自分の取得した好きなアドレスでアクセスができます。

 

格安の接続サービスの場合はそれらのプランを利用するとビジネスタイプになってしまい、個人向けの価格よりも遥かに高い費用になりますし、サーバーの設置が禁止されています。

 

その為に回線の変更を余儀なくされました。料金はeo光の時と比べてしまうとおよそ2.5倍くらいに上がってしまいましたが、それでも専用サーバーを契約するよりは遥かに安上がりです。
自分の自由にサーバーも自宅にあれば変更できますし、複数のIPアドレスがあれば公開用とは別に非公開で自分専用のネットワークストレージを古いノートパソコンで構築してスマートフォンから外部にアクセスすることもできるようになりました。

 

フレッツ光は料金は高めではありますが、自由度を考えたら格段に上なのでただ見るだけのインターネットしかしないと思う人以外はあえて、
後で移行費用などが発生してしまうのも勿体ないので、最初からフレッツ光にしておくとよいと思います。

 


 

ポケットWiFiと呼ばれているものは、ひと月に利用可能な通信量や電波の種類が違いますので、使用用途によって選択すべきモバイルWiFiルーターも異なるのが通例です。

LTEと言われているのは、携帯電話であったりスマートフォンなどで使用されている新規の高速のモバイル通信技術なのです。3G通信と4G通信の間に位置する通信規格という意味もあって、WiMAXと同等の3.9Gにカテゴリー化されています。

WiMAXモバイルルーターそのものは、運搬のことを考慮して開発された機器ですから、鞄などに楽々入るサイズとなっておりますが、使用するという場合は前もって充電しておくことが不可欠です。

WiMAXの通信サービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。都内23区は勿論、日本それぞれの県庁所在地などにおいては、全く不具合を感じることなくサービスが享受可能だと思っていただいて差支えないでしょう。

ソフトバンクのモバイル通信ブランドである「ポケットWiFi」に関しては、WiMAXほど速くはないですが、その周波数の特徴で電波が届きやすく、屋内にいようとも不具合なく視聴できるということで評価も高いようです。

ワイモバイルないしはNTTドコモにて決められている速度制限が行われますと、下り速度が128kbpsにまで引き下げられますが、この速度ですと、少々画像の多いウェブサイトのトップページを開こうとしましても、20秒程度は待つ必要があります。

WiFiを楽しむならフレッツ光記事一覧

インターネットの開通が終わりました。みなさんこんばんは。最近転勤したこともあり、今まで使用してきたインターネットを解約しました。転勤後、最初のうちはドコモのスマートフォンを使用したテザリングでネットをしていたのですが、あまりにも遅いことから、人生で初の光回線を使用することにしました。それが、今使用しているNTT西日本のフレッツ光になります。申し込みしてすぐに電話連絡があり、色々な条件を聞くことがで...

光の月々の値段が下がった事でADSLからフレッツ光に変更する事にしました。理由としましては、今や一般家庭で固定電話を使わない家庭も増え、固定電話が役にたつことなどはもはや信用に使う事しかない為です。光は固定回線が不必要ですから、固定電話料金を引けばマンションタイプの場合の月々の料金は差がないです。ですので、快適にインターネットが出来る光回線を利用するには今が乗り換えに一番いい時期だと思います。身近...

ADSLを利用していたのですが流石にそろそろ光回線に変えたいと考えていた時期でした。テレビを買い変えることになり家族でヤマダ電機へ行くとテレビを買うのと同時にフレッツ光に申し込むと2万円の商品券をもらえるキャンペーンをしていました。テレビ以外にもヤマダ電機で買いたい電化製品があったのでこのキャンペーンに乗らない手はないと思いました。テレビを買って、その場でOCNフレッツ光の申し込みをしました。少し...

ブロードワイマックス 口コミ評判いいけど?意外に早く結局安いから・・・家でも外でもスマホも節約〜もちろんネット代激安に・・・!

broad wimax キャンペーン
Broad WiMAX? Broad WiMAX

WiMAX/月額2,726円+税〜

ギガ放題プランが月額2,726円+税〜。

WEB限定初期費用18,857円割引。

最短即日発送、即日受取可。

page top