光回線申込時の体験談

光回線申込時の体験談

私は暇なときはオンラインゲームをよくやります。チャットもそうですが、純粋にゲームをプレイするのが楽しみと言えますね。

 

今まではADSL回線で行ってきましたが、画面処理の重さや、頻繁な接続切れが目につくようになりました。

 

接続会社に問い合わせてみた所、技術の向上によりADSLでは追いつかないのも出てきた、ということでした。

 

そこで、前から興味のあった光回線に申し込むことにしました。

 

マンションに住んでいるので、集合住宅向けの光回線があるとのことでした。

 

工事当日、業者の方がやってきました。話を聞くと、最近は光回線に変える人が多いとのことでした。

 

ネットが生活に繋がっていると思う瞬間でした。

 

電話回線に専用の端末を埋め込み、マンションの集合電話端末を操作し・・・20分ほどで完了しました。

 

早速ゲームをやってみると、処理の速さに追いつかないほどめざましい進化を遂げました。

 

これで月々3000円台だと有り余るぐらいに感じました。

 

チャットもよりスムーズに行う事が出来、私の生活がより潤う事になりました。


「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXだけというイメージかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式の切り替えにより、速度制限に見舞われることなく使い続けられる「アドバンスモード」という上位プランがあるのです。

WiMAX2+というのは、2013年にスタートしたモバイル通信回線サービスです。従来のWiMAXと比べて通信速度などがUPしており、何社ものプロバイダーが画期的なWiMAXとして、キャンペーンを打ちながらセールスしている状況です。


一ヶ月のデータ使用量に上限のない「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあるのです。こちらのプランは、「7GBがデータ使用量の上限」となっています。

ポケットWiFiについては、一定期間内に使用可能な通信量や電波の種類が異なっているので、利用の仕方により契約すべきモバイルWiFiルーターも異なってきます。

光回線申込時の体験談記事一覧

ADSLからフレッツ光に切り替えるメリット今までADSLでインターネットを利用していた人の多くがここ数年、フレッツ光に切り替え始める傾向があります。その理由は、フレッツ光の月額料金の値下げにあります。 昔からインターネットを利用している人からしますと、フレッツ光は確かに高速でインターネットができるといった魅力があるものの、月額料金が高く、とても払えないといったイメージがどうしてもつきまとうものであ...

page top