イー・モバイルauドコモのLTE通信環境を比較した!

イー・モバイルauドコモのLTE通信環境を比較

各社のLTE通信環境を試してみました。

 

インターネット通信環境として、LTEサービスを提供している各キャリアの機種を手に入れたので、独自で通信速度環境調査をしてみました。

 

イー・モバイルは前からモバイルWi-Fiルータを使っていたので、利用できるエリアと通信速度はある程度理解してるのですが、ドコモのLTEなどはどの程度なのか調べてみることにしたのです。今まで3か所で測定してみたのですが、どの場所でも最高速度をたたくキャリアがありました。それはauでした。

 

使っている機種がandroid端末だったのですが、この機種は合auが提供している電波の800MHzと1.5GHzの両方が利用できるためどの場所では20Mbps以上の下り速度が出ていたのにはびっくりしました。後はあまり差がない通信速度で争っていた結果が出てしまいました。

 

ドコモは、どのキャリアよりもLTE環境をいち早く提供したにも関わらず、その通信速度が最低速度をたたき出すこともありました。それ以外にも、ソフトバンクなどは安定せずあまり良い成績を出せませんでした。それらを踏まえるとauはそれなりに最高のインターネット通信環境を提供してくれていることになります。

 

ただ各社とも同じスマートフォンではないので、その違いがあり一概に速度環境がここが良いとは言い切れない部分がありますが、ある程度の指針にはなるのではないかと思っています。LTEはこれからもまだまだ通信速度を向上させていける技術なので、これからに期待しています。

 

今はauは解約してしまったので、各社の違いを調査することは出来なくなってしまったのですが、同じ規格のLTEである通信環境は似たり寄ったりなのかも知れないということを知った感じでした。

 

もしかするとauは一歩先に進んだキャリアだったのかも知れません。これからandroidスマートフォンは、auがいいと思います。

 


WiMAXの「ギガ放題プラン」と言いますのは、データ通信量が3日で3GBを超えますと速度制限が実施されることになりますが、それがあっても思っている以上に速いですので、速度制限を気にし過ぎる必要はないと思います。

モバイルWiFiルーターというのは、契約年数とひと月の料金、且つ速さを比較して絞り込むのが大切な点になります。それから利用するであろう状況を見込んで、モバイル通信が可能なエリアを調べておくことも重要となります。

WiMAX2+のギガ放題プランに関しましては、一ヶ月7GBというデータ使用量の規定はなくなりますが、3日間で3GBを越えますと、速度制限が掛かってしまうということを頭に入れておいてください。

「WiMAXのサービスエリア確認をやってみたけど、絶対に電波が来ているのか?」など、あなたが毎日モバイル機器を使用している地域が、WiMAXが利用できるエリアに入っているのかいないのかと頭を悩ましているのではないですか?

 

イー・モバイルauドコモのLTE通信環境を比較した!関連ページ

スマートフォンの地図アプリ
スマートフォンの地図アプリ