スマートフォン!スマフォは小さなパソコンです

スマートフォン


WiMAXでは、大手のプロバイダーが率先してやっているキャッシュバックキャンペーンが注目を集めていますが、ご覧のページでは、WiMAXはホントに通信量に関して規定されておらず、お得だと言えるのかについて取り纏めております。

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、ワイモバイルとWiMAXという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度以外のほとんど全ての項目で、WiMAXの方が優れていることが分かりました。

月間のデータ通信の制限設定のないWiMAX“ギガ放題”の項目毎の料金を、各プロバイダーで比較して、おすすめ順にランキング付けしてみました。月額料金だけで1つに絞るのは早計だとお伝えしておきます。

 


「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」の3種類を対象に、それらの強みと弱みを把握した上で、利用状況を鑑みたモバイルルーターをランキング一覧の形でご紹介したいと思います。


ワイモバイルないしはNTTドコモに存在する速度制限がなされることになりますと、下り速度が128kbpsにまで引き下げられますが、この速度にされると、ヤフーのトップページを開こうとしても、30秒前後は掛かるでしょう。

モバイルルーターなら全部3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。ただ非常識な使い方を自重すれば、3日で3GBも利用することは大概ないので、それほど不便を感じることはないと思います。


「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つのポイントで比較してみたところ、どなたがチョイスしようとも満足するモバイルWiFiルーターは、驚くことに1機種のみというのが正直なところです。

WiMAXモバイルルーターに関しましては、契約するに当たり機種を選定することができ、概ね無償でもらえます。けれどセレクトの仕方を間違えると、「使用する予定のエリアがまだサービス外エリアだった」ということがあるのです。

目下販売されている数多くのモバイルルーターの中で、この私が推奨したいのはどのルーターになるのかを、あまり通信関連は得意な方じゃないという方にも分かりやすいように、ランキング形式でご紹介させていただきます。

現状LTEが利用可能なエリアは限られますが、エリア外の場合は自然に3G通信に切り替わりますので、「接続することができない」といったことはないはずです。

スマートフォン!スマフォは小さなパソコンです記事一覧

スマートフォン(以下SPと記述)の一番の特徴は汎用性です。これまでの携帯電話(=フィーチャーフォン。以下FPと記述)は使用できるアプリが機種によって決まっており、それがそれぞれの機種の大きな特徴になっていました。SPでは機種毎にプリインされているアプリ(購入時点で既にインストールされているアプリ)もありますが、アプリをダウンロード&インストールすることで携帯の使い勝手を自分で変えることができる点で...

ここ数か月程、買おうかどうか夫婦で悩み続けている物があります。タブレット”ネクサス7”です。我が家は夫婦共にまだガラケーを使っていて、今後も今の所はスマホに買い替える予定がありません。必要になったらでいいかな?と思いつつ、未だにスマホがないと不便だ、と感じることがないのです。街を歩いているとみんなスマホ片手に下を向いている、空き時間が出来るとほとんどの人がスマホで時間を潰している、そんな姿を見てい...

page top