プッシュ回線から光通信まで経験の結果!早くて安定が一番と思いました!

インターネット接続は早くて安定が一番

自宅でパソコンを購入し、インターネット接続をできるようになってから、かれこれ15年ほどになります。

 

始めた時期もそうですが、インターネット接続をするためのサービスも時代の変遷にやや遅ればせながらいくつか変わってきました。

 

最初は、元々の固定電話のプッシュ回線を用いての接続でした。

 

プロバイダは別途申込みを行い、接続料金としては電話回線事業者とプロバイダにそれぞれ支払っていった恰好です。

 

その回線速度はまぁ大変なものでした。

 

だいたい2,3k/秒ぐらいではなかったでしょうか。

 

その頃はYahoo!JAPAN等のポータルサイトのTOPページを開くのも相当時間を要していたため、ページ情報がすべて表示されるまでの間あまりに退屈で「鼻風船がでる」なんて揶揄していたものです。

 

私は未だに当時の回線使用状況を「ヘコ回線」と呼んでいます。

 

それから数年して、同じ回線使用なんですが、そこに非対称の通信帯域を割り当てることでデジタル情報を乗せて通信できて、従来より高速接続できるADSLに切り替えることができました。

 

これで鼻風船はできなくなりました。

 

契約にもよりますが、だいたい200k〜数百k/秒ぐらいの速度が出るようになりました。

 

そりゃYahoo!JAPANのTOPページが前と比べものにならないぐらいパッと出てくる感じには感動したものです。

 

それで満足して数年使っていること、今度は光ファイバーを使った接続が出てきました。

 

近畿圏に住んでおり、TVの地デジ対策に頭を悩ませていたころだったので、ネットとTV、そして電話までセットになって契約できる某電力会社系のプロバイダに契約し直しました。

 

これで、固定電話回線とはオサラバです。

 

電話回線事業者・プロバイダ・ケーブルテレビ会社に支払っていた月々の使用料を一会社にまとめ、セットものなので比較的安価に抑えることもできました。

 

と少し脱線しましたが、やはり光回線は違います。

 

これも契約によりけりですが、数M/秒は楽に記録するようになりました。

 

最近ネットを使っていろいろやるようになりましたので、この高速化は大変ありがたいものです。

 

さらに昨今だとWiMAX回線等、いろいろ出てきています。

 

やはり、インターネット接続は早くて安定が一番だと思いますね。

プッシュ回線から光通信まで経験の結果!早くて安定が一番と思いました!関連ページ

プロバイダーの接続プランを変更したら接続出来なくなった?
インターネット接続会社の選び方
インターネット接続回線の選択も適材適所
インターネット接続会社の選び方