キャンペーン申込でWiMAXルーターが1円ポッキリで手に入れた!

@nifty WiMAXでリーズナブルでスムーズなネットライフ

私は、携帯用の回線として、@nifty WiMAXを契約しています。

 

キャンペーンを経由して申し込みましたので、WiMAXのサービスを利用するにあたって必要不可欠の存在であるWiMAXルーターを、なんと1円ポッキリで手に入れることが可能でした。

 

ルーターといいますと、高額なものであると思い込んでおりました私にとって衝撃的なことでしたし、とてもお得にルーターを買うことが出来たので、たいへん良かったです。

 

@nifty WiMAXを申し込んだ理由といたしましては、WiMAXのサービスが利用できるインターネット接続サービスとして、たいへんリーズナブルな価格であったことが挙げられるでしょう。

 

そのかわり、私が申し込んだものでは1年縛りのものでしたので、1年を待たずして解約してしまいますと、私が使用しているプランでは9975円の違約金が発生してしまいます。

 

しかし、一年間どころかもっと長く使うつもりでおりますので、そのような心配とは無縁でございます。

 

最初の月と、その次の月は、400円ほどの支払いのみでほとんどお金がかからなかったですし、その後の月額使用料も3800円ほどなので、経済的にもありがたいことです。

 

WiMAXの魅力といたしましては、多く通信をおこなっても、支払う金額が変動しないことと、インターネット回線の速度に関して規制が無いことです。

 

たくさん通信をおこなっても、常に払う金額が一定であるということは安心ですし、毎月支払い金額を気にする必要が無いので、助かっています。

 

また、WiMAXは回線がスピーディーであることが大きな魅力です。

 

今はやりのタブレットで動画を試聴する際にも、サクサクと動いてくれますし、携帯に適している回線の中でもトップクラスの速度が出ることが気にいっています。

 


Y!mobile(Yモバイル)であるとかNTTDoCoMoで設定されている速度制限が掛かってしまいますと、下り速度が128kbpsになってしまうのですが、この速度になりますと、少々画像や文字数の多いサイトのTOPページを開くだけでも、20秒から30秒は取られることになります。

WiMAXモバイルルーターにつきましては、種類が諸々ありますが、1種類1種類セットされている機能が全く違っています。こちらのページでは、各々のルーターの機能だったり性能を比較一覧にしています。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを継続しているプロバイダーが複数社存在しますが、キャッシュバックをやっていないプロバイダーも存在しますので、頭に入れておいてください。

今のところLTEが使えるエリアは限られますが、エリア外におきましては自然に3G通信に切り替わってしまいますから、「電波が届いていない!」みたいなことはないと考えていいでしょう。


 

WiMAXモバイルルーターというものは、1つ1つの機種で4x4MIMO方式あるいはCA方式のいずれかの通信技術が盛り込まれていると聞かされました。感度が異なるはずですから、その点を頭に置いて、どの機種を購入することにするか決定してほしいと思います。

現在使われているとされる4Gというのは実際の4Gの規格とは異なっており、我が国においてはまだ始まっていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式発表までの移行期間の通信手段として登場したのがLTEということになります。

page top