Try WiMAXレンタル

Try WiMAXレンタルがいい評価らしい!インターネット 契約 特典で契約もありか?

UQ WiMAXを導入して良かったこと、悪かったこと

WiMAXを使う直前のネット環境は格安でも通信速度が劇的に遅い
DTIの3GのSIMを使っていました。
日本に居ることが少ないのでお金を節約するにはこのままでも良かったのですが
利用条件でデータ通信が一定の量を超過すると接続さえできない事が有ったので変更を考えました。

 

UQ WiMAXを導入する前に契約条件の調査は慎重に行います。
結局モバイルルーターが無料(または1円)、後アンドロイドのタブレットがおまけに付いてくるプランで申し込みました。
私が条件が良いと思ったのはNiftyです。通信回線は他のプロバイダーと同様にUQ WiMAXです。

Try WiMAXレンタル

申し込んで届いたのが (もちろん送料は無料)

 

・WiMAXモバイルルーター NEC Aterm WM3800R
クレードル PA-WM08C
・おまけ の Android TAB Google Nexus7 2012年 16GB内部ストレージ
Android TAB Google Nexus7はお得でしたね
の3点です。

 

次にWiMAXにして良かったこと

 

・データ通信の一定の通信量を越えても速度制限が無かったこと これは驚きました宣伝にある記載の通りでしょう。
 データ通信の速度は300kB/s程度ですが、通信が突然出来ないということは有りませんでした。
 これがWiMAXにする理由です。

 

 携帯電話のデータ通信プランではデータ通信の速度が遅くなる。
 一定の通信量を越えると速度制限をしますと説明に書いてあります。

 

ではWiMAXにして悪かったこと

 

・モバイルルーターを出先で持ち歩くのが嫌だ、持物が増えタブレットと携帯電話とルーターの3つを持つ必要が有ります。
 私は携帯電話とAndroidは分けて持つ方です。電話しながらタブレットのデータを見れるので便利でスマートです。
 と言いたい所ですがやはり重いですよね。

 

・屋内での使用時はモバイルルーターを窓側に置きます。
WiMAXの電波を受信するには出来るだけ窓の近くの方が受信状態は良いのです。
 しかしルーターとタブレットの間はWi-Fiです。ルーターを置く場所とPC、タブレットが離れると最終的に受信に難があります。

 

 改善策としてクレードルには有線のLANケーブルを繋ぐ事が出来るのでPC利用時はクレードルとPCを有線で繋いでみる。

 

 ではタブレットでWi-Fi利用時は?特に速度が問題になるのは重いデータを長時間ダウンロードするときでしょう。
 そんな時はタブレットをルーターの近くにセットして、そのままほっておくと良いです。
 屋内での使用はそれぞれ工夫が必要です。

 

UQ WiMAXでTry WiMAXレンタル

UQ WiMAXでTry WiMAXレンタルをしてみた!

 

東京在住の友人の間でUQ WiMAXの評判が良いからです。

 

移動が多いので、これは便利かもしれない♪と思い、早速インターネットでお問い合わせをしました。

 

数日後、ちょうど田舎の方へ出張だったので、試しに使ってみることにしました。

 

そこには定期的に訪問するので使えないと困るんですね。

 

インターネットで調べると、OKな範囲に入っていました。

 

今回お願いしたのは、15日間無料で試せるTry WiMAXレンタルというやつです。

 

ちなみにUQ WiMAXの使い方は簡単です♪

 

ちょちょいっとやればすぐに設定完了ですよ。

 

現地にて早速チェックしてみると・・・
はい!ダメー!(笑)

 

色々試してみたところ、建物の中ではダメなようでした。

 

近くのコンビニの駐車場ではバッチリ入りました。

 

でも、いつもコンビニの駐車場でインターネットをするワケにいかないので、
残念ながら返品させて頂きました。

 

この時の対応が素晴らしかったです!

 

申し訳ない気がして、恐縮しながら返品の連絡をしたのですが、
建物の中では使えなかった旨を話すと、
逆に何度も謝罪の言葉を言って頂きました。

 

また90日後にはお試しをさせて頂ける?そうなので、
状況を見ながらお願いしたいなと思いました。

 

設定が楽で、どこでも使えて、対応が丁寧で、ちゃんと使えさえすれば、最高ですね。

 

電波状況がよけれ
WiMAXは使い方も簡単で早くて安い!

 

基地局が増設されたら、即買いの予定です!

 


モバイルWiFiの月額料金を殊更安い金額にしている会社を見てみると、「初期費用が高額」です。それがあるので、初期費用も月額料金の1つだと考えて判断を下すことが肝心だと思います。

「ネット使い放題プラン」で注目を集めるWiMAX。高速モバイル通信量の上限がないモバイルWiFiルーターとして市場を席巻しており、導入も即行で出きますし、プラン内容を考えたら月額料金も安い方です。

「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」の3種類を購入候補として、それらの良い所と悪い所を認識した上で、利用状況を踏まえたモバイルルーターをランキング一覧でご案内しております。

人気を博しているWiMAXを買いたいという人は多いと考えられますが、「WiMAXとWiMAX2+の決定的な違いというのは何かが分かっていない」という人を対象に、その違いを詳述します。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供している全部のWiFiルーターを言う」というのが正解ではあるのですが、「外出中であってもネット環境を齎してくれる端末全部を指す」と言った方がいいと思います。

モバイルWiFiを所有するなら、なるべく支出をセーブしたいと考えるはずです。料金に関しましては月額費用という形で支払うことになりますから、仮に300円〜400円位の差だとしても、年間では結構大きな差になります。

page top