BIGLOBE WiMAXを申し込んだ理由

BIGLOBE WiMAXを申し込んだ理由

私は最近BIGLOBE WiMAXに申し込みました。

 

なぜこのプロバイダーを選んだかというと、まず1年縛りだったということです。

 

2年縛りのプロバイダーなら金額的にもBIGLOBEより割安なものがあったのですが、来年にWiMAX2が出るという情報を知り、それならば1年契約の方がお得なのではないかと考えたからです。

 

次に1年契約のプロバイダーならばUQ WiMAXとnifty WiMAXもあったのですが、

 

UQ WiMAXの場合は契約時の事務手数料が必要であることと、私の欲しい端末の代金が3000円近くかかることがデメリットでした。

 

又nifty WiMAXの場合は事務手数料はかからないのですが、私の欲しい端末がなかったことから候補から外しました。

 

結果的にBIGLOBE WiMAXが自分にとって一番魅力的なプロバイダーとなり、申し込みをすることに決めました。

 


キャッシュバック時期の前に「契約を解約する」ということになると、現金は一切もらえなくなりますので、キャッシュバック規定に関しましては、きちんと気を配っておくことが必要不可欠です。

WiMAXは、料金的にも他のモバイルルーターより低料金でモバイル通信を利用することが可能なのです。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi機器をネットに接続させることが可能です。

WiMAXにつきましては、本元であるUQ以外にMVNOと呼ばれている会社が営業展開しています。無論速度や通信サービス可能エリアが異なることはないと断言しますが、料金やサービスは異なります。


WiMAXの通信サービスが可能なエリアは、かなりの時間を費やして拡充されてきたのです。その結果、今では市中は言うに及ばず、地下鉄の駅なども不便を感じることがない水準にまでになったというわけです。

WiMAXが使用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を確認したら判断できると思います。境界線上だというような場合につきましては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できます。

Y!mobileあるいはdocomoにおいて規定されている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBと言いますとパソコンで動画を視聴しますと約2時間で達してしまうことになり、その段階で速度制限が掛かります。

まったく同種のモバイルルーターであったとしても、プロバイダーが異なれば月額料金は違います。このウェブサイトでは、注目の機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますから、比較してご覧いただけます。

WiMAXをレベルアップした形で販売開始されたWiMAX2+は、今までの3倍の速さでモバイル通信を行なうことが可能です。この他通信モードを変えれば、WiMAXとWiMAX2+のみならず、au 4G LTEも利用できる様になっています。

 


今売りに出されているWiMAXモバイルルーターの中においても、W03は断然バッテリーの持ちに優れている端末です。ずっと外出しなければいけないときなども、心配することなく利用することができます。

モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、月々の料金やキャッシュバックなどに関しましても、抜かりなく把握した上で選ばないと、いつか必然的に後悔するだろうと思います。


 

WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を活用して、パソコンとかタブレットなどのWiFiをキャッチできる端末とネット回線を繋げる為の小さな通信機器です。

完全に同じモバイルルーターであろうとも、プロバイダーが違えば月額料金は変わってくるものです。当HPでは、評判のいい機種を“料金”順でランキングにしていますから、比較しやすいと思います。

WiMAXと言うと、いつだってキャッシュバックキャンペーンが支持を得ますが、最近の傾向として月額料金がリーズナブルになるキャンペーンも人気抜群です。

page top