wimax2+

wimax2+選んだ理由について

家のインターネットの回線は何を使ってますでしょうか?
きっと多くの方は家でインターネットをしようと思った時は光回線を契約するなりして
インターネットを使用するかと思います。

 

確かにそうすれば使用制限を気にしなくても良い上に速度も文句なく出ます。
ですが、単に速度が速くて速度制限もないという理由で家のインターネットを決めるのは
やめた方が良いです。

 

それはどうしてかというと、光回線を使おうと思った時は当然光回線が使えるようにするために工事が必要になってくるからです。それも思った以上に工事に高い料金が必要になってくる事も場合によってはあります。

 

また工事をする以上工事が完了するまでにかなりの期間が掛かります。その工事に掛かる期間を待てないという方も多いと思います。

 

まさに私はそのパターンに当てはまって私は家のインターネットの固定回線の代わりに選んだのがwimax2+でした。

 

では、どうして数あるインターネット回線の中でもwimax2+を選んだのかというと、
wimax2+なら光回線には及ばないにしても十分な速度が出ると思ったからでした。

 

またwimax2+なら光回線みたいに面倒な工事も必要ないです。ですから私はwimax2+を使って家でインターネットを利用していました。またこの時に私が選んだのはノーリミットモードと呼ばれる速度制限がないタイプのwimax2+を契約しました。

 

これを使えばいくらwimax2+を使っても速度制限が掛かってまともにインターネットが使えなくなるという事もないのでこれから気楽に家で速度制限が掛からない回線を契約しようと思うならぜひ一度はwimax2+を固定回線代わりに使ってみる事をおすすめします。

 

それで多くの方はこれを契約してインターネットをして良かったと感じると思います。
少なくとも私はそういう理由でこれを契約しました。

 


WiMAXのサービスエリアは、地道に時間を使って拡大されてきました。現在では市内はもとより、地下鉄の駅なども接続不能ということがない水準にまでになったわけです。

ワイモバイルが市場提供しているポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を越えると速度制限がなされることになります。因みに速度制限を受ける通信量は、利用する端末毎に決まっています。

私がおすすめするプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に達しそうな額にしていますから、モバイルWiFiの月額料金が割と高額になっていても、「トータルで見ると決して高くない」ということが考えられるというわけです。

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiにつきましては、WiMAXみたいに速くはありませんが、その周波数の特徴で電波が達しやすく、室内でも接続で困ることがないということで人気を博しています。


 

「ポケットWiFi」につきましては、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが展開しているモバイルルーターのことであり、はっきり言ってどこにいてもネットに繋ぐことができるモバイルWiFi端末の全部を指すものじゃなかったわけです。

「ワイモバイル」「WiMAX」「格安sim」の3種類を対象に、それらのメリットとデメリットを念頭に置いた上で、利用状況を勘案したモバイルルーターをランキング一覧でご紹介したいと思います。

本当にWiMAXとワイモバイルという評価の高い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種に関する下り最大速度を除いた大半の項目で、WiMAXの方が優っていることが明確になりました。

「WiMAXを購入するつもりでいるけど、通信サービスが可能なエリア内かを確認したい。」と考えている場合は、「15日間無料お試し」があるので、その無料期間を有効に活用して、実際に使ってみるといいのではないでしょうか?

ワイモバイル提供のポケットWiFiは、一定レベルの通信量をオーバーしますと速度制限がなされることになります。この速度制限を受ける通信量は、申し込む端末毎に規定されています。

モバイルWiFiの1カ月毎の料金は安くて2000円台・高くて4000円台となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックをしているところが存在します。このキャッシュバック額を支払った金額から差し引いたら、実質コストが分かるのです。

page top