インターネット環境の移り変わり

インターネット環境の移り変わり

インターネットも大容量、高速接続の時代になってまいりました。

 

私は2001年に初めてプロバイダ契約をしました。まだ「ビビー…ギョロギョギョ」という音で開始する、アナログモデム接続でした。

 

つい最近、メグ・ライアン主演の映画「ユー・ガット・メール」がTV放映されていましたが、そこでも懐かしの「ビビー…ギョロギョギョ」が。時代を感じてしまいました。

 

2002年になって、友達がYahooBBのADSLを勧めてきました。

 

勧誘すると紹介者に5千円、受けた側、つまり私に3000円の現金でのキャッシュバックがあり、アナログ回線の遅さが辛くなって来ていましたので、変えようと思いました。

 

しかし若干僻地に住んでいる我が家は、当時はまだADSLのエリア外。

 

結局YahooBBのADSL24M(後に26Mになった)にしたのは2003年の冬でした。

 

時は流れ、2011年。我が家のADSLは、もはや動画サイトには耐えられなくなってきています。

 

友達の家は相変わらずのADSLでも、NTT局舎がすぐそこなので快適ですが、我が家は長距離のために回線は不安定、速度も出ません。
動画サイトを良く見るとか、ネットゲームをしているわけではないので、まだ何とか持っていますが、例えば容量の大きなフラッシュを使ったサイトを開くのは、とても時間がかかります。しかもそういうところ多い!

 

ADSLでも、もっと料金の安いところもありますし、もう潮時かもしれない、と思った私は、解約方法を調べ始めました。

 

すると、「YahooBBバリュープラン」なるものを見つけました。接続プランの種類を絞る代わりに、月額料金が今までより格安になるのです。
契約プランを見直そうと、自発的に調べないとわからない、このプラン内容には呆れましたが、今までの26Mから50Mに変えても40%オフくらいになるし、速くなればいいかな、と思い二年縛りでプラン変更。

 

料金は減りましたが、回線速度と不安定さは何も変わりませんでした。

 

現在、2013年。2年縛りもそろそろ終わるし、もう光にするっきゃない!

 

しかし光にすると、我が家はプロバイダ料金とNTT料金の名義が違うため、ちょっとめんどくさいことになります。

 

ケーブルテレビ回線という手もあるのですが、開始と解約時にかかる料金が高いので、二の足を踏んでしまいます。

 

光が5000円以下になったらしようとは思っているので、もう少し様子見…かもしれません。

 

 

どこでもインターネットの時代

インターネットよって革命的に情報を得られるようになりました。

 

世界中からいろんな情報を集めることができるようになったというだけで世界がずいぶんと変わったと思います。

 

それに加えて今は無線でインターネット情報を得ることができるようになっています。

 

携帯電話の回線を使ってもインターネットを楽しむこともできますし、Wifiなどを使うとADSLや光などのケーブル線から開放されるので本当にいつでもどこでもインターネットを使える状態を体験することができます。

 

これらの無線のエリアもどんどん増えていっています。

 

いつでもインターネットを使えると言うことはフラッシュメモリーなどの記憶媒体などを持ち歩かなくてもネットにつなげてサーバで情報を管理すると言う形になりつつあるのではと思います。

 

これからは無線、有線を含めた回線の統廃合が進んで行くのではないでしょうか。

インターネット環境の移り変わり関連ページ

家電量販店でインターネット接続付きのノートパソコンを激安で購入
特典付きのノートパソコンって?